世界の基準からはずれた恥ずべき日本の年金制度

国民年金受給者ですが、国民年金というのは20歳から加入して60歳になるまでの40年間も掛け金を支払ったところで65歳から受け取れる年金額は次の金額にしかなりません。

・年額・・・最高で年額79万2,100円(平成21年度)
・ひとりの年金月額・・・最高で6万6,008円(平成21年度)
・夫婦の年金額・・・最高で13万2,016円(平成21年度)

ひとり暮らしで月額6万6,008円ではまず食べていけません。それこそ絶対的貧困層に入るレベルといえます。前述したように、生活保護費だって東京都なら32歳の単身者で14万円前後もらえるケースがあります。

そして、注目すべきは夫婦ふたりでもわずか「月額13万2016円」にしかならないということです。しかも、これは40年問加入した場合の最高額です。40年間加入期間があるという人はむしろ珍しい存在であり、大半の人はこんなに年金の加入期間はなく、受け取れる年金額もとうぜん6万6,008円以下になります。社会保険庁が毎月発表している「制度別受給者平均年金月額」によると、平均年金月額は次のようになっています(2008年3月末)

・国民年金(老齢給付)・・・5万3,552円
・旧法拠出制・・・3万9,583円
・新法基礎年金・・・5万5,286円

旧法拠出制というのは、すべての年金制度を統合して「基礎年金」を策定した昭和61年(1986年)の法改正以前の年金受給者の平均額のことです。新法基礎年金は1986年以降の年金受給者ど考えればよいでしょう。実際に受け取っている国民年金の平均年金額の最新値は月額5万3,552円になります。夫婦では10万7,000円というところですが、同調査では男女別受給者のデータでは次のようになります(2004年度末)

・男性・・・月額5万8,199円(年額69万8,398円)
・女性・・・月額4万8,365円(年額58万382円)

国民年金だけで夫婦ふたりで食べていくためには、平均で10万円ちょっとのお金で暮らしていかなくてはならないということです。現在、国民年金制度には「国民年金基金」や「個人向け確定拠出年金」などの補完制度が認められていますが、国民年金基金の加入率はわずか3%~5%程度しかありません。公的年金制度としてはほとんど役に立っていないのが現実です。

また、団塊世代のような現在60歳前後の世代は、国民年金以外の制度が最近までなかったために、夫婦ふたりで10万円程度の年金生活を強いられる人が多いかもしれません。

国民年金(基礎年金)は、最低でも25年間という加入期間=年金支払い年月が必要です。25年間に1ヵ月でも足りないと、どんなに掛け金を支払っても、1円の給付金ももらえない仕組みになっています。著しく公正さに欠けた制度といっても過言ではないでしょう。

先進国の日本にとっては「恥ずかしい制度」といわざるを得ません。これでは若い人も入りたがらないはずです。ちなみに日本の加入義務期間25年というのも国際的にも異常な長さです。

・25年・・・日本(保険料拠出)
・15年・・・中国(養老保険の拠出)
・11年・・・英国男性(保険料拠出)
・9.75年・・・英国女性(保険料拠出)
・10年・・・米国(加入)、アイルランド、カナダ、(居住)、韓国(加入)、ニュージーランド(税法式)
・5年・・・ドイツ(加入)
・3年・・・デンマーク(居住)、ノルウェー(加入)、フィンランド(居住)、スウェーデン(居住)
・即時・・・フランス(加入)、ベルギー(加入)

— posted by チャッピー at 06:10 pm  

医療保険の選び方!病気になったとき本当に頼りになるのは?

保険料はいくらが目安?

「死亡保障は要らないけれど、医療保険にはしっかり入っておきたい」というシングル女性が急増中です。マネー知識は知っているかどうかで損・得が分かれることが結構ありますが、医療保険ほど「知らなきゃ損」が宝庫のテーマは他にありません。病気になったとき本当に頼りになるのは何なのかを探りましょう。

よく聞かれるのは「保険料はいくらが目安?」という質問です。正社員なら月2,000円~3,000円、派遣社員やフリーランスは、それにプラス1,000円が目安です。もっと払わないといい保険に入れないと思っていた人もいるのではありませんか?

でも、入院給付金日額5,000円です。給料保障のないフリーランスと派遣社員は日額1万円になります。1回の手術給付金5万~20万円の保障さえあればいいのです。保険料が安い保険に入り、その分、何にでも備えられる貯蓄を増やしていくのがポイントです。

無事故ボーナスや通院給付金は不要です。無事故ボーナスといってもサービスではなく、その分高い保険料を払って後で一部を返してもらうだけです。ボーナスとしてもらうと使ってしまうので貯蓄にもなりません。

また、通院給付金は一般に入院後の通院のみが対象で、金額が1回3,000円程度と少額のため、忘れてしまって「請求漏れ」になることがほとんどなのです。「女性特有の病気に上乗せ」も重要なポイントではありません。女性特有の病気だから医療費が高くなるというわけではないので、保険料が安い保険に付いていれば「まあ、いいか」という程度です。

入院給付金の支払い日数は1入院あたり60日、120日、180日などと、決まっていることを知っていますか?平均入院日数は37.5日(厚生労働省の患者調査2005年)ですから、60日型で十分といえます。

選び方の最後のポイントは、保険料が変わらない「終身型」で一生涯保障にするか、当初保険料が割安な「更新型」で例えば、10年ごとに更新していくかです。

終身型のメリットは、保険料が変わらないので楽ちんな一方、将来、医療制度や貨幣価値の変化があると30年後、40年後には「入院日額5,000円」という保障が陳腐化するリスクがあります。

病気に備える貯蓄(100万円程度)が貯まるまでは安い更新型を利用し、お金が貯まったら医療保険から卒業するか、終身型を利用しつつ陳腐化したときは貯蓄でカバーするかは皆さんの考え方次第です。大切なのは「終身型に入ってさえいれば老後は安心」ではないということです。

備えは健康保険・貯蓄・医療保険の順で

実は、病気になったときに本当に頼りになるのは医療保険よりも健康保険なのです。健康保険には「高額療養費制度」があり、一般的な所得の人なら自己負担が月8万100円を超えると払い戻しが受けられます。1ヵ月の限度額=8万100円+(総医療費-26万7,000円)×1%

この制度により、医療費が100万円かかったとしても、最終的な負担は9万円程度で済むのを知っていますか?健保組合加入や公務員の人なら福利厚生により1ヵ月の自己負担上限が2万円程度ですむケースも少なくありません。

また、民間の医療保険は入院保険です。外来での医療費が高額になっても原則カバーできません。最近、30~40代で乳ガンにかかる人が増えていますが、5日程度入院して手術を受け、その後1年から1年半、外来で抗ガン剤治療をすることが多いようです。

乳ガンの入院、手術の医療費は平均62万円ですが、高額療養費により自己負担は9万円程度で済みます。一方、外来は1ヵ月6万円前後の自己負担が1年以上続き、これが結構キツイと皆さん言います。

医療保険から受け取れるのは5日分の入院給付金と手術給付金だけで、外来でかかるお金はカバーできません。入院は短期化傾向にあるため、健康保険と貯蓄をメインにして少しの医療保険で備えるのが正解です。

— posted by チャッピー at 03:48 pm