難局を乗り切りるためにできること!返済が苦しい時は返済方法を見直す

お給料が減ったり、ボーナスが減ったりして家計が苦しくなっている人も多いと思います。住宅ローンの返済が厳しくなることもあるでしょう。そんな時は、放っておいて事態を一層困難にしてしまうより、早めの対策が賢明です。ローンの返済方法の変更は金融機関によって対応が違います。また、返済の状況、収入の状態など個別の事情も違いますので、まずは金融機関に相談してみることになります。

例えば返済方法の変更としては、ボーナスが激減してボーナス払いが苦しくなった場合、毎月払いとボーナス返済の割合を見直し、毎月払いを増やし、ボーナス払いのウェートを減らすという対策があります。また、金融機関によってできないケース、保証会社の承認が必要なケースもありますが、元金均等返済で借りているなら元利均等返済に変えることで月々の返済額を減らすこともできます。

元金均等返済は住宅ローンの元金を毎月一定額で返済していくのに対し、元利均等返済は元金と利息の合計額が一定になるように返済していく方法。元金均等返済は元金を先に多く返していくので、元利金等返済より総返済額が少なくなるというメリットがあります。元利均等返済に変更した場合、総返済額は増えてしまうかもしれませんが、月々の支払いを減らしてしのぎたいという場合には検討してみるのも1つです。

「フラット35」は返済期間の延長も

民間金融機関と住宅金融支援機構が提携した住宅ローン「フラット35」の場合は月々の返済に困った場合の返済方法の変更が制度化されていて、メニューは大きく分けて3つのタイプがあります。

  1. 収入が大幅に減って返済が大変になった場合は返済期間の延長により毎
    月の返済額を減額
  2. 子どもの教育費や入院など一定期間だけ苦しい場合、一定期間
    だけ減額
  3. ボーナス返済が負担になっている場合は、毎月返済とボーナス返済の内
    訳の変更、ボーナス返済の取り止め、返済の内訳の変更と返済期間の延長の組み合
    わせ

などのメニューがあります。こうした手続きは住宅ローンを返済している金融機関にて相談した上で変更可能かどうかの審査があります。また、返済方法を変更することによって、総返済額が増えてしまうこともあることは頭に入れておきましょう。

家計の無駄を見直す努力も

民間金融機関の住宅ローンの場合は返済が苦しくなった場合の制度が決まっているわけではないので一般に返済期間の延長や減額は難しい面があり、返済方法の変更も個別に審査しての対応になっています。

住宅ローンの返済が苦しいという場合、家計を見直して無駄な部分を削減したりする努力も大切だと思います。今までの生活の延長上で考えていると無駄はないと思いがちですし、生活を変えるのは大変ですが、何を優先させるかを家族で話し合い、難局を乗り切りたいものですね。

— posted by チャッピー at 01:17 pm