西スラウェシ州設立宣言

日本のマスコミでも報道された1999年10月の「スラウェシ独立」騒動は同月に開催されていた国民協議会に対して闘争民主党などが大衆を動員してプレッシャーをかけたことやジャカルタの一部の学生グループが勝手にインドネシアの学生全体を代表して声明を発出したことへの抗議が発端であった。

その後10月19日に国民協議会によってハビビ大統領の責務総括演説内容が否決されたことを受け、学生による街頭行動は一気に拡大した。学生たちは南スラウェシの全市民に対し国民協議会による決定をすべて拒否し「スラウェシ独立」を宣言するよう訴えた。

学生たちはメガワティ闘争民主党党首が大統領候補になることに強く反対し、闘争民主党のマカッサル市支部や同党に関係があるとみられるプロテスタント系学生団体の事務所などへ投石や破壊行為を行なった。

学生デモは日ごとに拡大し、学生はマカッサル港、州議会議事堂、ハサヌディン国際空港を占拠したほか、国営ラジオ(RRI)や国営テレビ(TVRI)のマカッサル放送局に入り込んで自分たちの声明を無理やり放送させたりした。南スラウェシ州議会の一部の議員は学生たちと一緒に路上行動に加わった。

10月25日には州知事庁舎に学生たちが押しかけ、州知事の目の前で国旗(紅白旗)を引きずり下ろし、独立スラウェシの旗を掲揚した。学生たちの有無を言わさぬ強圧的な態度に州知事が激怒したことは言うまでもない。もっとも独立スラウェシの旗は大学によって異なっており、また彼らが歌った東インドネシア国の「国歌」は現国歌「インドネシア・ラヤ」の替え歌であった。

一部の学生は東インドネシア国の実現とその初代大統領としてハビビを就任させることさえも呼びかけた。ところで、この連日の学生デモでマカッサル市内の交通機関は麻痺し、多くの商店が店を閉めた。市民の足であるペテペテと呼ばれる乗合は運行できず、空港や港の機能にも支障が出た。

学生だちと一緒にデモを行なった一般市民は地元サッカーチームPSM(このPSMのオーナーは「(レフォルマシ)の名の陰で」で述べたヌルディン・ハリッドとその親族)のサポーターぐらいで、多くの市民は学生デモが一刻も早く終わることを望んでいた。市内最大の学生数を誇る国立ハサヌディン大学の学生がデモに参加していなかったこともあり、市民の学生に対する反応は冷ややかであった。

南スラウェシ州の州都マカッサルでの学生たちによる「スラウェシ独立」要求が下火になりはじめた1999年11月10日、数百人が集ってポルマス県ティナンブン郡の4万人犠牲者英雄墓地公園で「西スラウェシ州設立宣言」が行なわれた。

西スラウェシ州として想定されているのは南スラウェシ州西北部にあるマムジュ、マジエネ、ポルマスの三県で、この地域はオランダの植民地統治下では1つの行政大領域であった。種族的にはマンダール語を話すマンダール族住民が多い地域であり、1950年~1960年代からまとまって1つの州として独立する運動が起こっていた。

多くの場合、オランダ時代の行政大領域はそのまま州となっており、なかには行政小領域をいくつか集めて州を作ったケースもあるから行政大領域を母体とする西スラウェシ州が設立できる理由は十分にあるというのが支持者の主張である。バスリ・ハサヌディン社会福祉担当調整大臣(当時)の実弟が運動の中心メンバーの1人である。

西スラウェシ州設立行動委員会はマムジュ、マジェネ、ポルマスの各県議会において趣旨説明を行ない議員からの賛同を得たとしている。ジャカルタに出向いて国会の場でも趣旨説明をすでに行なっている。一方、同委員会は地元NGOや学生グループと協力し、村落レベルへの説明を行なって趣旨を浸透させていくとしている。また西スラウェシ州の設立の是非を問う住民投票の実施も構想されている。

— posted by チャッピー at 05:34 pm