東方的な主観的国際主義とは

アブドルマリクの論法は第三世界の左翼的政治運動をマルクス主義理論の発展への貢献としてとらえるところに特徴がある。「東方の参加なしにはこれ以上つづけてやってゆけなくなった時代」が到来しており、それは「困難な歴史の時代」であるが、確実なことは「アジアが先導するという現実である」という。

すなわち東風は西風を圧する。東方が歴史のイニシアティヴをひきつぎはじめる時機は到来したのである。すなわちひきつぎそのものが一つの弁証法的過程であって、危機にみまわれ後退したが決して頻廃などはしていない西欧との弁証法的相互作用によってこの過程は展開してゆくのである。繰り返していうが東方はひきつぎ(リレー)をしたのであって、西方を代行しているのではない。ここでわれわれは根源的な核心をとらえることができる。

民族運動こそ原動力であって覇権帝国主義と革命の時代における社会の弁証法はこの原動力の枠組の中で展開されているということである。アブドルマリクもまた、中国の文化大革命とベトナムの対米闘争とキューバ革命を人民闘争思想の源泉としている。

文化大革命の理論的な貢献については「広大な中国の民族的・特殊的な枠の中から出発して民族解放闘争と社会主義の合流の道を見出すための古典的マルクス主義テーゼの変形にほかならない」と述べている。ベトナム戦争についての彼の昂揚した気分は次のような記述から伝わってくる。

西欧のどこの国のプロレタリアートも革命に成功しないでいるとき、10年前まともな工業力もなく、地政学的にも条件の不利なベトナムのような国の民衆が尋常ならざる能動精神を顕示して今日では史上最大の強国アメリカの軍事力の4分の3を泥沼におとしこむような行動を生み出すとは誰が想像できたであろう。

しかし常に理論への貢献を言及することを忘れない。ベトナムの成功はそのアジア的性格によるのではなくてマルクス主義をヴェトナムの状況に適応したからであることを間違えないようにしよう。指導者が人民大衆、農民、労働者そのほかの人びとをかれらのもとに結集させ、未来の革命の模範を三大陸に与えた。

アブドルマリハクが巧みなのは発展途上国の民族主義運動の貢献を賞揚するとともに、それがまさに西欧の共産主義者に欠けている部分であると示唆するところである。西欧の共産主義の中の「数おおくの(国際主義者たち)が焦点のはずれた態度決定によって中国・ソ連対立のみぞをさらに深めているとき、ベトナムの主導のもとに高まりつつある社会主義勢力はその戦闘的な結束を具体的にかためるために努力をつくしている」。

アブドルマリクは、三大陸の勃興の理論的貢献は、社会主義運動の新しい潮流を示すことで「東方的な主観的国際主義」を提示したことだと意味づける。

マルクス主義者の次なる課題はこの「主観的国際主義」すなわち三大陸の闘争の中で「たくわえられつつある現実と理論の面にわたる貢献」から多くを汲みとり、理論的考察を進め「過去・現在・可能性をはらんだ未来の科学的社会主義の大全のなかに統合する」ことによって「客観的国際主義」を成立させるところにあるという。

アブドルマリクは1970年に出版された論文「帝国主義の社会学のために」では「三大陸の勃興」によって活発になった「覇権帝国主義の世界と民族運動の世界の弁証法の核心のなかで作動している力の関係」を分析することで「紀元2000年及びそれ以後の世界の力の枠組についても1つの展望を試みること」を目論む。

彼の状況認識は以下のようなものである。1949年中国における革命の勝利は全世界史の転換点となり、よみがえった革命的な東方(従属国の世界)は世界政治における決定過程のセンターそのものになってしまった。

1949年から1970年にいたるほぼ一世代、さまざまな革命と反革命が相ついで全てはゆれうごいている。今は1つの限界に到達してある一点に立って世界の新しい力の均衡について考えることのできる可能性、つまり20世紀後半における力関係を規定する可能性があらわれでてきた。

アブドルマリクにとって1970年現在、世界は「もろもろの矛盾の最高の水準、もろもろの対立の最高の局面に生きて」いる。その中から「進歩と社会主義のポジティヴな諸勢力は世界的な社会主義の戦線の内部にあたらしい形態の同盟をつくりだそうと追究をはじめ、そのさけられない決定的な瞬間から大きく伸張している」と謳いあげる。

その決定的な証左はさまざまな発展途上国における「厳密な意味での独立をめざす民族運動の局面から急進的な民族運動の局面への移行」であるという。

このような現状認識からアブドルマリクはその後の世界史を展望してみせる。急進化した民族主義運動は「内外の両面において基本的問題に解決を見出そうとしている。そこから社会主義の方向をめざす民族運動と社会革命の合流が生み出される」という。これはすなわち「人民勢力」が主導権を奪取するべく上昇してきていることを示している。彼は階級闘争が最終段階に到達することを予想する。

— posted by チャッピー at 04:49 pm