世界の基準からはずれた恥ずべき日本の年金制度

国民年金受給者ですが、国民年金というのは20歳から加入して60歳になるまでの40年間も掛け金を支払ったところで65歳から受け取れる年金額は次の金額にしかなりません。

・年額・・・最高で年額79万2,100円(平成21年度)
・ひとりの年金月額・・・最高で6万6,008円(平成21年度)
・夫婦の年金額・・・最高で13万2,016円(平成21年度)

ひとり暮らしで月額6万6,008円ではまず食べていけません。それこそ絶対的貧困層に入るレベルといえます。前述したように、生活保護費だって東京都なら32歳の単身者で14万円前後もらえるケースがあります。

そして、注目すべきは夫婦ふたりでもわずか「月額13万2016円」にしかならないということです。しかも、これは40年問加入した場合の最高額です。40年間加入期間があるという人はむしろ珍しい存在であり、大半の人はこんなに年金の加入期間はなく、受け取れる年金額もとうぜん6万6,008円以下になります。社会保険庁が毎月発表している「制度別受給者平均年金月額」によると、平均年金月額は次のようになっています(2008年3月末)

・国民年金(老齢給付)・・・5万3,552円
・旧法拠出制・・・3万9,583円
・新法基礎年金・・・5万5,286円

旧法拠出制というのは、すべての年金制度を統合して「基礎年金」を策定した昭和61年(1986年)の法改正以前の年金受給者の平均額のことです。新法基礎年金は1986年以降の年金受給者ど考えればよいでしょう。実際に受け取っている国民年金の平均年金額の最新値は月額5万3,552円になります。夫婦では10万7,000円というところですが、同調査では男女別受給者のデータでは次のようになります(2004年度末)

・男性・・・月額5万8,199円(年額69万8,398円)
・女性・・・月額4万8,365円(年額58万382円)

国民年金だけで夫婦ふたりで食べていくためには、平均で10万円ちょっとのお金で暮らしていかなくてはならないということです。現在、国民年金制度には「国民年金基金」や「個人向け確定拠出年金」などの補完制度が認められていますが、国民年金基金の加入率はわずか3%~5%程度しかありません。公的年金制度としてはほとんど役に立っていないのが現実です。

また、団塊世代のような現在60歳前後の世代は、国民年金以外の制度が最近までなかったために、夫婦ふたりで10万円程度の年金生活を強いられる人が多いかもしれません。

国民年金(基礎年金)は、最低でも25年間という加入期間=年金支払い年月が必要です。25年間に1ヵ月でも足りないと、どんなに掛け金を支払っても、1円の給付金ももらえない仕組みになっています。著しく公正さに欠けた制度といっても過言ではないでしょう。

先進国の日本にとっては「恥ずかしい制度」といわざるを得ません。これでは若い人も入りたがらないはずです。ちなみに日本の加入義務期間25年というのも国際的にも異常な長さです。

・25年・・・日本(保険料拠出)
・15年・・・中国(養老保険の拠出)
・11年・・・英国男性(保険料拠出)
・9.75年・・・英国女性(保険料拠出)
・10年・・・米国(加入)、アイルランド、カナダ、(居住)、韓国(加入)、ニュージーランド(税法式)
・5年・・・ドイツ(加入)
・3年・・・デンマーク(居住)、ノルウェー(加入)、フィンランド(居住)、スウェーデン(居住)
・即時・・・フランス(加入)、ベルギー(加入)

— posted by チャッピー at 06:10 pm  

医療保険の選び方!病気になったとき本当に頼りになるのは?

保険料はいくらが目安?

「死亡保障は要らないけれど、医療保険にはしっかり入っておきたい」というシングル女性が急増中です。マネー知識は知っているかどうかで損・得が分かれることが結構ありますが、医療保険ほど「知らなきゃ損」が宝庫のテーマは他にありません。病気になったとき本当に頼りになるのは何なのかを探りましょう。

よく聞かれるのは「保険料はいくらが目安?」という質問です。正社員なら月2,000円~3,000円、派遣社員やフリーランスは、それにプラス1,000円が目安です。もっと払わないといい保険に入れないと思っていた人もいるのではありませんか?

でも、入院給付金日額5,000円です。給料保障のないフリーランスと派遣社員は日額1万円になります。1回の手術給付金5万~20万円の保障さえあればいいのです。保険料が安い保険に入り、その分、何にでも備えられる貯蓄を増やしていくのがポイントです。

無事故ボーナスや通院給付金は不要です。無事故ボーナスといってもサービスではなく、その分高い保険料を払って後で一部を返してもらうだけです。ボーナスとしてもらうと使ってしまうので貯蓄にもなりません。

また、通院給付金は一般に入院後の通院のみが対象で、金額が1回3,000円程度と少額のため、忘れてしまって「請求漏れ」になることがほとんどなのです。「女性特有の病気に上乗せ」も重要なポイントではありません。女性特有の病気だから医療費が高くなるというわけではないので、保険料が安い保険に付いていれば「まあ、いいか」という程度です。

入院給付金の支払い日数は1入院あたり60日、120日、180日などと、決まっていることを知っていますか?平均入院日数は37.5日(厚生労働省の患者調査2005年)ですから、60日型で十分といえます。

選び方の最後のポイントは、保険料が変わらない「終身型」で一生涯保障にするか、当初保険料が割安な「更新型」で例えば、10年ごとに更新していくかです。

終身型のメリットは、保険料が変わらないので楽ちんな一方、将来、医療制度や貨幣価値の変化があると30年後、40年後には「入院日額5,000円」という保障が陳腐化するリスクがあります。

病気に備える貯蓄(100万円程度)が貯まるまでは安い更新型を利用し、お金が貯まったら医療保険から卒業するか、終身型を利用しつつ陳腐化したときは貯蓄でカバーするかは皆さんの考え方次第です。大切なのは「終身型に入ってさえいれば老後は安心」ではないということです。

備えは健康保険・貯蓄・医療保険の順で

実は、病気になったときに本当に頼りになるのは医療保険よりも健康保険なのです。健康保険には「高額療養費制度」があり、一般的な所得の人なら自己負担が月8万100円を超えると払い戻しが受けられます。1ヵ月の限度額=8万100円+(総医療費-26万7,000円)×1%

この制度により、医療費が100万円かかったとしても、最終的な負担は9万円程度で済むのを知っていますか?健保組合加入や公務員の人なら福利厚生により1ヵ月の自己負担上限が2万円程度ですむケースも少なくありません。

また、民間の医療保険は入院保険です。外来での医療費が高額になっても原則カバーできません。最近、30~40代で乳ガンにかかる人が増えていますが、5日程度入院して手術を受け、その後1年から1年半、外来で抗ガン剤治療をすることが多いようです。

乳ガンの入院、手術の医療費は平均62万円ですが、高額療養費により自己負担は9万円程度で済みます。一方、外来は1ヵ月6万円前後の自己負担が1年以上続き、これが結構キツイと皆さん言います。

医療保険から受け取れるのは5日分の入院給付金と手術給付金だけで、外来でかかるお金はカバーできません。入院は短期化傾向にあるため、健康保険と貯蓄をメインにして少しの医療保険で備えるのが正解です。

— posted by チャッピー at 03:48 pm  

貯蓄額を決めるにはまずライフラインに掛かるお金の把握から!

「マネーピラミッド」を作る

「お給料の何%を貯金するとよいですか?」という質問をよく受けます。私は「お金に関することで一般論はない」と考えているので、答えに詰まることも度々あります。大切なのは無理のない貯蓄額と効率的な「私バージョン」のお金の貯め方を見つけること。上手に「貯める&使う」ためのマネープランを考えてみましよう。

まず毎月の積立額を決めます。「余ったら貯金」は、よほど自己管理ができる人でない限りお勧めしません。効率的に手間なくお金を貯めたいなら積立貯蓄が早道です。積立方法は後述しますから「マネーピラミッド」を使って無理なく貯められる金額を見つけましょう。

ピラミッド全体が毎月の手取り収入だとします。貯蓄プランは「ライフライン費用」→「積立額」→「お小遣い」の順に予算を組むのがポイント。「このくらい貯めたい!」と貯蓄額を1番先に決める人が多いのですが、実は優先すべきなのは「ライフライン」に掛かるお金の把握なのです。無理な積立をすると毎月が赤字になり、結果としてボーナスで赤字補填する羽目になるからです。

ひとり暮らしなら家賃、水道光熱費、食費の合計額を計算してみてください。親と同居の人は毎月家に入れる金額を考えます。生活するのに削れないお金が1ヵ月にどのくらいあるのかを知っておくことは重要です。携帯電話の通話料など通信費は、使いすぎをチェックするためにもライフラインに入れないのがポイントです。

次に積立額を決めます。自由に決めていいのですが、目安が欲しいという人は、H
ページの表を参考にして決めるのもいいでしょう。積立できる金額は、収入によって
も家賃を払っているかによっても異なりますね。

お小遣いは残さず全部使ってOK

「毎月の手取り収入」から「ライフライン費用」と「毎月の積立額」を引いた残りが、お小遣いの総額になります。ライフラインと積立額が確保されているのだから、このお金は全部使ってよいのです。お小遣いに該当するのは、おしゃれ費、交際費、自己投資費、携帯電話などの通信費です。

具体的に数字をあてはめてみましょう。手取り月収が18万円で1人暮らしのケースでは、家賃7円、水道光熱費1万円、自炊分の食費、ランチ代の合計が3万円です。これがライフラインです。積立額は3万円とすると(18万円-7万円-2万円-3万円-3万円)でお小遣いは5万円となります。5万円の予算のなかで、遊びと学びのお金をやりくりしましょう。漠然とやりくりするよりスッキリ管理ができそうですね。

さて、積立方法に戻ります。勤務先に財形貯蓄がある人は財形を優先してください。無い人は給与振込の銀行で自動積立貯蓄をするといいでしょう。店頭に出向かなくてもATM横に置いてあるメールオーダーの書類で申し込むか、ATMでも手続きできます。

ボーナスがない、または、とても少ない人は「サブロ座」を使って「マイボーナス」を作ってはどうでしょうか。海外旅行費用やセールで買うお洋服代など半年~1年以内に使うお金を毎月の収入から少しずつ作ります。この「使うために一時的に貯めるお金」は給与振込と同じ銀行にサブロ座を開いて毎月その口座に移しておきましょう。

こうすれば財形、または銀行の自動積立は「本当の貯蓄」として当面手を付けなくても済みますね。「使うために一時的に貯めるお金」がないと、お金が少し必要になって定期預金を解約したら、あっという間に使ってしまったという失敗を犯しがちです。ボーナスがない人なら積立額3万円を「本当の貯蓄2万円」、「使うために貯めるお金1万円」に分けてもいいでしょう。

— posted by チャッピー at 03:34 pm  

「雇用保険」を最大限に利用するマル秘ワザ!「誰でも何歳からでも入れる保険」はお得なのか?

「雇用保険」を最大限に利用するマル秘ワザ!

国際労働機関(ILO)の調査によると日本の失業者のうち失業給付金を受け取れていない人は全体の70%を超えているという。これは先進諸国の中でも飛び抜けて悪い数字で、例えば欧米諸国において失業率が高い国のひとつとされているドイツでさえも13%程度だという。

これは失業者の多くを占める短期の非正規社員が満足に雇用保険に加入できていないことが要因ともいわれている。いずれにしても突然会社が倒産してしまう可能性もゼロとはいえないのだから、雇用保険や失業手当についてはキチンと押さえておきたいものだ。

ところで、給与明細を見ると健康保険に加入している会社員なら毎月数千円ではあるが「雇用保険」も天引きされていることが分かる。この雇用保険を元にハローワークから支給されるのが「失業手当」だ。

では「再就職手当」が支給されることはご存じだろうか?失業手当の受給期間を残したままで再就職が決まった場合に支給されるのが再就職手当だ。

支給残日数が給付日数の3分の1以上かつ45日以上あり、一定の要件に該当する場合、その支給残日数の30%に失業手当の日額をかけた金額が支給されることになる。

また、逆に所定の受給期間をオーバーしてしまっていても、各地にある「職業訓練校」で再就職のためのスキルを磨いているなら、その間は無条件で給付を受けられることになっている。

ちなみに、職業訓練校で学べる内容については、ハローワークに詳しいパンフレットも置いてあるので参考にしたい。せっかく毎月支払っている雇用保険なのだから、万が一のときには出来る限りの失業手当の支給を受けたいものである。

「誰でも何歳からでも入れる保険」はお得なのか?

「誰でも入れます」というキャッチコピーの保険会社のCM、見覚えがある人も多いと思う。「これまで保険に加入していなかった高齢者の人でも安心していつからでも入ることができる」というものである。果たしてそんな都合のいい話かあるのだろうか?

結論からいうと、こういったタイプの保険は損をする可能性をはらんでいるといえる。まずは、その保険会社のホームページやパンフレットを隅々まで読んでみよう。CMではそこまで謳ってはいないものの、実は損害保険であったというケースもある。つまり怪我などの入院には保険金が支払われるが、病気に対しては保障されないというものだ。

また、仮に生命保険だったとしても「特別条件」といって治療中の病気や、以前に発病した病気が原因の入院、手術は保障の対象外となるなどの条件が付く場合もある。

そして何より気になるのがその保険料の高さだ。年齢や病歴を問わずに加入できるのだから、保険会社としては大きなリスクを背負うことになる。当然そのリスクは加入者が支払わなければならない保険料に上乗せさせられているのだ。

つまり高齢になってから加入しても保険料が高額なため、10年、20年と長生きすると、支払い金額の総額がなんと保険金額を超えてしまうということにもなりかねない。

それなら、保険料として支払っていた金額を定期預金として積み立てておく方がまだいい、という結論になる。キャッチコピーの派手さばかりに気を取られて、肝心の保障内容を見過ごさないようにしたいものだ。

— posted by チャッピー at 03:37 pm  

資産運用に役立つ知識を!債券についての基本的なこと

債券で確認しておきたい基本的なことは2点です。格付けが高ければ金利が低く、格付けが低ければ金利が高いということです。もう1つは金利が上がれば債券価格が下がり、金利が下がれば債券価格が上がるということです。まず、格付けと金利について考えてみましょう。

債券を買っても発行している会社などが経営破たんしてしまって、元本と利息が支払われなかったら嫌ですよね。そこで、発行体の元利支払いの確実性を評価する機関があります。格付投資情報センター(R&I)、ムーディーズ・インペスターズ・サービス、スタンダード・アンド・プアーズなどです。こうした機関が、AAA=信用力がもっとも高い、B=信用力に問題ありなど記号で評価しています。

債券を買うなら元利金を必ず支払ってくれるような信頼性の高い会社のものをと思いますよね。でもそういうところの債券は金利が低いのです。

「信頼性が高く金利も高い」はありえない

これは身の回りのことで考えてみると分かります。確実にお金を返してくれそうな人とちょっとヤバそうな人の2人から借金を申し込まれたとします。条件が同じなら前者に貸しますよね。ヤバそうな人は金利を倍にするなど確実に返すと思われている人より条件を良くしないと借りることが出来ないということです。

元金と金利を確実に支払ってくれそうな人に貸すか、元利金の支払いに不安もあるけど高金利を選ぶかの選択になるわけです。信頼性の高いところからすれば高い金利にしなくてもお金を借りられるわけですから信頼性も高く、金利も高い債券ということはありえないわけです。

では、今度は債券価格と金利の関係を見ていきましょう。金利が上がれば債券価格が下がり、金利が下がれば債券価格が上がるというのはどういうことでしょう。

債券価格と株価は逆の動き

「元本10万円、期間5年、金利1%」の債券を買ったとします。その2年後、世の中の金利が上がり「元本10万円、期間3年、金利3%」の債券が発行されました。金利以外条件が同じです。とすれば、誰も1%の債券を買ってくれないでしょう。売るにはどうするかといえば、債券の価格を下げるしかないのです。

これが金利が上がれば、債券価格が下がるということです。同じように世の中の金利が下がれば債券価格は上がるわけです。金利が上がれば債券価格は下がりますが、金利が上がるということは景気が良くなっていくということです。一般的に景気が良くなる局面では株価が上かっていきます。

金利が下がる時は債券価格は上がりますが、金利が下がる時は景気の悪い時なので一般的に株価は下がります。つまり債券価格と株価は逆の動きをします。ですので、両方を持つことによって資産の大きなブレを防ぐことが出来るというわけです。

— posted by チャッピー at 10:16 am